2015年03月03日

Raspberry PiにSSHでリモート接続してみた


【今日のゴール】
同じネットワーク上にあるMacから、Raspberry PiにSSHでリモート接続してみます

100_100.png

【前提条件】
Raspberry PiにLANケーブルが接続されていること(今回は有線とします)
MacとRaspberry Piが同一ネットワーク上にあること

【手順】
  1. [Raspberry Pi] sshを有効にする
  2. [Raspberry Pi] IPアドレスを固定にする
  3. [Mac] Macからsshで接続する
[Raspberry Pi] sshを有効にする

SSHが有効になっていない場合、raspi-config を使って有効に設定します。

raspi-config を起動
 $ sudo raspi-config

「8 Advanced Options」 > 「A4 SSH」 > 「Enable」を選択

これでSSHが有効になります。<Finish>を選択し、raspi-config を終了します。

[Raspberry Pi] IPアドレスを固定にする

◆STEP1. gatewayとnetmaskの確認

次のコマンドを実行し「eth0」のGatewayの値とGenmaskの値を確認します。
$ route -n
◆STEP2. 現在のIPアドレスの確認

次のコマンドを実行し「eth0」に現在振られているIPアドレスの値を確認します。
「eth0」のinet addrの値が、現在のIPアドレスです。
$ ifconfig
◆STEP3. IPアドレスの設定をDHCPから固定に変更する

/etc/network/interfacesを編集します
$ sudo vi /etc/network/interfaces
デフォルトでは下記の様に、DHCPに設定されています。
3〜4行目が有線LANの設定、6〜9行目が無線LANの設定です。

auto lo

iface lo inet loopback
iface eth0 inet dhcp

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
iface default inet dhcp
これを以下の様に変更します。
ここでは、IPアドレスの値は現在振られている値をそのまま設定していますが、他のマシンに振られているIPと重複しない値であれば、任意の値に設定しても大丈夫です。

auto lo

iface lo inet loopback
iface eth0 inet static
address STEP2で調べたIPアドレスの値
netmask STEP1で調べたGenmaskの値
gateway STEP1で調べたGatewayの値

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
iface default inet dhcp
設定する値は、ネットワーク環境によって異なりますが、例えば以下のようになります。
下記の例の場合、addressには192.168.1.2 〜 192.168.1.254 間の未使用の値が設定可能です。

auto lo

iface lo inet loopback
iface eth0 inet static
address 192.168.1.5
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.1.1 

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
iface default inet dhcp

/etc/network/interfaces を編集し保存したら、以下のコマンドを実行して、変更後の設定を適用させます。
$ sudo /etc/init.d/networking reload

[Mac] Macからsshで接続する

Macの「ターミナル」アプリケーションを開きます。
以下のようにsshコマンドを実行します。
$ ssh [Raspberry Piのユーザー名]@[Raspberry PiのIPアドレス]
(例)
$ ssh pi@192.168.1.5
初回のみAre you sure you want to continue connecting (yes/no)? と聞かれるので yes と入力してEnterを押します(2回目以降は表示されません)。
パスワードを聞かれるのでpiユーザーのパスワードを入力してEnterを押すとsshでログインできます。

sshを終了するときは exit と入力してEnterを押します(この場合、sshの接続が切れるだけで、Raspberry Piはシャットダウンされません)。

タグ:Raspberry Pi


posted by Raspberry Pi at 18:40 | Raspberry Pi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする