2015年05月01日

最速でWindows 10 IoTをRaspberry Pi 2にインストールしてみた


今日のゴール

ついに、Raspberry Pi2で稼働する「Windows10 IoT Core」がリリースされました。
Dev Centerから入手が可能になっています。

早速、Raspberry Pi 2 にWindows10 IoTをインストールして動かしてみます。

yu_iot.jpg

必要なもの

Raspberry Piのモデルは「Raspberry Pi 2 MODEL B」が必要です


その他、動かすのに必要なものは下記エントリーを参考にしてください。
Raspberry Piを買ってみた。

Windows 10 IoT をSDカードに入れる

※ ここでの作業は、Windowsマシン上で行います。OSはWindows10である必要があります。

Windwos7やWindows8でおこなう場合は、下記エントリーを参考に、Windows ADK RC for Windows 10をインストールしてください。

「apply-image は不明なオプションです。」っていうエラーが出る場合 【Windows 10 IoTをRaspberry Pi 2にインストール】

[●1] Microsoft Connectのアカウントを作成する

手順にしたがって、アカウントを作成してください。
いくつかのアンケート(利用規約への同意)への回答が必要な場合がありますので、すべて回答して下さい。

[●2] 「Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD.zip」をダウンロードする

ダウンロードページを開く
・「Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2、 Category: Build 」をクリック
・ダウンロードページの「単一のファイルをダウンロードする」のところから「Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD.zip」をダウンロードする

[●3] SDカードのドライブ番号を調べる

ダウンロードを待っている間に、SDカードのドライブ番号を調べます。


まだ、SDカードは挿入しません。
・「windowsスタート」メニュー > 「全てのプログラム」 > 「アクセサリ」 > 「コマンドプロンプト」 > 右クリックして「管理者として実行(A)...」
・コマンド・プロンプトを起動したら、以下のコマンドを実行
diskpart
list disk
使用している環境にもよりますが、下記のような実行結果になります。
DISKPART> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           264 GB      0 B
  ディスク 1    メディアなし             0 B      0 B
  ディスク 2    メディアなし             0 B      0 B
  ディスク 3    メディアなし             0 B      0 B
  ディスク 4    メディアなし             0 B      0 B
  ディスク 5    メディアなし             0 B      0 B
続いて、SDカードを挿入してもう一度「list disk」を打ちます
DISKPART> list disk

  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           465 GB      0 B
  ディスク 1    メディアなし             0 B      0 B
  ディスク 2    メディアなし             0 B      0 B
  ディスク 3    オンライン            29 GB  3072 KB
  ディスク 4    メディアなし             0 B      0 B
  ディスク 5    メディアなし             0 B      0 B

「ディスク 3」が新しくオンラインになりました。SDカードのディスク番号は「3」ということがわかりました。

この数字は、使用環境によって変わるので、必ず自分で調べてください。

[●4] 「Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD.zip」を解凍して、「Flash.ffu」を取り出す

・手順[●2]でダウンロードした、「Windows_IoT_Core_RPI2_BUILD.zip」を解凍します ・展開したフォルダ内にある「Flash.ffu」というファイルを「C:\Temp」にコピー(または移動)する。

[●5] 「Windows10 IoT Core」のイメージをSDカードに展開する

もう一度、コマンドプロンプトを管理者として実行します。
手順[●3]のDISKPARTが既に開いている場合は、「exit」と打って「DISKPART」を抜けます。


まずは、「Flash.ffu」をコピーしたフォルダに移動します。
cd C:\Temp

以下のコマンドを実行します。
PhysicalDriveNの「N」は前の手順[●3]で調べたSDカードのディスク番号に置き換えてください。
例えば、ディスク番号が「3」ならば「/ApplyDrive:\\.\PhysicalDrive3」になります。
dism.exe /Apply-Image /ImageFile:Flash.ffu /ApplyDrive:\\.\PhysicalDriveN /SkipPlatformCheck

ディスク番号を間違えると、最悪、PCのハードディスクが消えるので気をつけて下さい。
dism.exe /Apply-Image /ImageFile:Flash.ffu /ApplyDrive:\\.\PhysicalDrive3 /SkipPlatformCheck


ここで、「apply-image は不明なオプションです」などのエラーが出る場合は、下記エントリーを参考にして下さい。
また、Windows ADK RC for Windows 10をインストールして作業している場合も下記を参考にしてください。

「apply-image は不明なオプションです。」っていうエラーが出る場合 【Windows 10 IoTをRaspberry Pi 2にインストール】

[●6] RaspberryPiを起動

SDカードを抜いて、RaspberryPiに挿入します。
RaspberryPiで、windows10が起動します。




posted by Raspberry Pi at 18:12 | Raspberry Pi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする